矯正歯科(マウスピース矯正)

矯正歯科(マウスピース矯正)

最短4ヶ月!マウスピースで歯並びを矯正

マウスピース矯正(インビザラインGO)とは

マウスピース矯正(インビザラインGO)とはこれまでの矯正歯科はワイヤーを使用した手法がスタンダードでした。
もちろん現在でも多くで採用されており、当院でもマウスピースで対応が難しい場合はワイヤーによる矯正をご紹介します。

現在ワイヤー矯正と合わせて普及しているのが、マウスピースによる歯並びの矯正です。
マウスピースを決められた期間に合わせて付け替えることで、歯並びを矯正します。
ただし適応できる範囲は限られ、主に前歯の矯正向けとなります。

以下に、当院で採用しているマウスピース矯正(インビザラインGO)の特徴を記載します。

マウスピース矯正の特徴

矯正歯科の治療期間

最短で4ヶ月(ワイヤー矯正の場合は平均2年〜3年)

矯正治療中の見た目

透明マウスピースのため、装着していても目立たない

矯正治療中の痛み・違和感

個人差あるが、痛み・違和感はほとんどなし

矯正治療中の清掃

取り外して可能(歯磨きやフロスはこれまでと同様に行えます)

矯正歯科の料金

ワイヤー矯正のおよそ半分

AIによる歯並び診断

AIによる歯並び診断「歯並びを矯正したいけど、本当に治るのか心配」といったお声もあります。
そのようなお悩みにお応えするため、当院ではiTero エレメント5D(光学スキャナー)というAI診断システムを導入しております。
iTeroは主に下記の利点があります。

マウスピース矯正が適用できるか事前に分かる

歯並びをスキャンすることで、マウスピースで歯並びが治るのかAIが判断します。
インビザラインGOを提供している会社が、これまで蓄積した治療データを元に判別するので安心です。

治療後の歯並びが事前に分かる

前述のスキャンデータを元に、治療後どのような歯ならびになるかを可視化してくれます。
実際の治療後の歯並びを、治療前に確認できますので、安心して治療をスタートできます。

マウスピース矯正治療の流れ

検査

レントゲンやCT撮影、またスキャンによる診断を行います。

マウスピース作成

検査の結果、マウスピースによる治療が可能と判断した場合はマウスピースを作成します。

矯正治療(マウスピースの装着)

7日〜10日前後でマウスピースを交換しながら、マウスピースを装着します。
患者さんによって期間は異なりますが、最短4ヶ月前後で終了となります。

保定期間

治療後一定期間、歯は元の位置に戻ろうとします。
歯並びが後戻りしないよう、保定用のマウスピースを装着します。(個人差ありますが、治療期間と同程度です)

マウスピース矯正の料金

上下セット430,000円(税込473,000円)
※片側のみの治療をご希望の方はご相談ください。

一番上に戻る